【オイルヒーター】(RHJ75Vシリーズ)タイマープログラムの設定方法

タイマープログラムについて

タイマー運転には  モード、 モード、 モードがあります。
 モードは在宅中、 モードは外出中、 モードは就寝中に使用することを想定したモードです。
タイマー運転中は、3つの運転モードを時間帯によって自動で切り替えながら暖房します。
どの時間帯にどの運転モードを使用するか(タイマープログラム)はあらかじめ設定されていますが、ご自分の生活に合わせて変更することができます。



タイマープログラムの初期設定


起床から外出までと、帰宅から就寝までは高めの設定温度の モードで運転。
外出中は暖房不要なので  モードで暖房を停止。
就寝中は低めの設定温度の  モードで運転。



タイマープログラムの設定方法

※ご購入後初めて使用するときや長時間電源プラグをコンセントから抜いていたときは、最初に現在時刻を設定してください。  
( 電源プラグを差したときに現在時刻の設定が記憶されていれば、再度設定する必要はありません)  
 現在時刻の設定方法はこちら

1.タイマープログラム開始
運転停止状態で  を5秒以上長押しする
 

2.使用する運転モードを選ぶ  
クリックノブを回して、表示されている時刻から使う運転モードを選び、クリックノブを押して確定します。
 

3.運転モードの終了時刻の設定  
クリックノブを回して、表示されている運転モードを終了する時刻(15分単位)を選び、クリックノブを押して確定します。
設定した終了時刻は、次に選ぶ運転モードの開始時刻になります。
 
この例では、00:00から06:15を  モードに設定したので、次は06:15から使う運転モードを選び、終了時刻を設定します。 
 

4. 2. 3. の操作を交互に繰り返し、各時間帯で使う運転モードを00:00 から24:00(表示は00:00)まで順番に設定・確定します
24:00まで設定・確定が終わると、運転停止状態に戻ります。  

※なにも操作せずに2分経過した場合も、運転停止状態に戻ります。   
 ただし、この場合は、それまでに変更した内容は保存されません。

※こちらもあわせてご参照ください。
【オイルヒーター】(動画)(RHJ75Vシリーズ)スケジュール機能・電力レベル・温度設定方法


この情報は役に立ちましたか?